貫入


急須と茶器を得意とする窯元、南景製陶園の煎茶椀のお取扱いをスタート致しました。

貫入が美しい湯呑み碗。
表面の釉薬に、細かなヒビを意図的に生じさせる伝統的な表現手法、貫入。

透明感のある土肌の白、うっすらとやわらかいマット感を感じる桜

それぞれに同色の貫入、
そして表面に釉薬と焼成によって生じた細かいひびに墨が入った墨貫入。
煎茶に似合う煎茶椀です。

三重県四日市市の萬古焼(ばんこやき)
使う土の性質から、耐熱性に優れた特長があり、
耐熱性を活かした急須や土鍋作りが盛んです。

先にお取扱いしております、4th-marketの製品も実はこちらで製作されております。

南景製陶園 椀 白
南景製陶園 椀 桜