信楽焼きの線香鉢大 海鼠


信楽焼きの線香鉢大 海鼠

size:φ150×55mm
material:陶器 灰80g

中川政七商店
生産地:三重県

滋賀県甲賀市信楽町。
信楽は古くは千利休ら茶人の好む器の産地で日本六古窯の一つに数えられます。
信楽では明治・大正時代に日用の火鉢が大量に生産されました。
当時の火鉢を元に「線香鉢」をつくりました。
耐火性に富む土でつくった鉢に灰を敷き詰め、灰の上に火のついた線香を直置きします。
線香は燃焼すると灰になるため、そのまま次の線香を乗せて使用することが可能です。
灰やヤニで汚れやすい内側は黒い釉薬で目立ちにくく、
庭先やベランダで使用しても灰が吹き飛んでしまわないように蓋をつけました。
蚊遣りや香立てとしてもお使いいただけるので一年を通してお楽しみいただけます。 

是非菊花線香とご一緒にお使いください。

●蚊取り線香を直置きで撮影しておりますが、
 実際は付属の灰の上においてお使いください。

【取り扱い注意】
天然素材を使用し、1点1点手作りのため、多少の色ムラ、質感、サイズ差があります。ご了承ください。
ご使用後、鉢の内側、特に蓋の内側に線香のヤニが付着します。
水で薄めた中性洗剤を使いスポンジで除去してください。
手入れ後は布で水分を十分に拭き取ってください。
線香を焚く時はまわりに燃えやすいものがないことをご確認ください。
また、特にお子さまなどが触って火傷をしないようにお気をつけください。
そばを離れるときは火の始末をしてください。
使用中や使用直後は本体が熱くなっていることがあります。
火傷をしないようお取り扱いには十分ご注意ください。
ご使用後、火が完全に消えていることをご確認ください。
灰の中に火種が残っていることがあります。
強い風が当たる場所でのご使用はお避けください。

<灰について>
灰は純白灰で土に還すことのできる環境にやさしい灰です。
灰の袋を開封の際、中身が飛び散ることがありますのでご注意ください。
灰を入れる際は、鉢の外へこぼれないよう注意して入れてください。
軽く舞いやすいため、外で入れることをおすすめします。
灰を吸い込まないようご注意ください。
連続して線香をご使用の場合、鉢の中で燃焼中の線香から新たに線香に火が移ることがありますので、ご注意ください。
高温多湿の場所でのご使用、保管はお避けください。
灰が溜まりすぎた場合は、灰を捨てて適量でご使用ください。
灰はある程度使用したら茶漉しのようなものでふるい、ゴミや燃えかすを取り除くと柔らかくいつまでも快適にお使いいただけます。
灰が固まったり、線香の燃え残りが多くなった場合、灰をお取替えください。
灰は市販の香炉灰で代用可能です。