TEMPO DROP mini


TEMPO DROP mini

size:φ80mm×H110mm
material:硼珪酸ガラス
    混合液 : 水/エタノール/天然樟脳/塩化アンモニウム/硝酸カリウム

Perrocaliente
生産地:中国

 

全く結晶が見えない日もあれば、結晶だらけの日もある。
ガラスの中の結晶の様子で天候が予測できると言われています。

晴れの予報では、固形物は底へ沈み透明になります。
夏の気温の高い日は結晶ができにくいようです。
台風や嵐が近づくとシダの葉っぱのような形の結晶ができます。
冬の寒い日や雪の予報だと、白くなった液体の中に小さな星のような浮遊物を見ることができます。

ストームグラスは19世紀に航海士等が使用していた天候予測器です。
樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等をガラス管に密封して作られており、
気候の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、役立てられていました。
ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』に出てくるノーチラス号の中にも設置されています。
その後の科学の発展に伴い、実際には結晶化現象については謎が多い事がわかり、いまだ詳細は研究途上です。
現代では予測器としての実用は難しいですが、季節によって景色が変わるように、
日々変化する結晶の様子を『Tempo』でお楽しみください。

TEMPO DROP miniには台座は付属されます。
単体では立ちます。

インテリアとして人気のテンポドロップは、お引越し祝いや新築祝いにも喜んでいただけます。